TOP | LINK | MAIL | MAP |
税理士と会計士

税理士と会計士 : TOPページ

税理士と会計士

はじめまして♪当サイトをご覧頂きありがとうございます。当サイトをご覧になっているということは、きっと税理士と会計士どちらかに興味がある方、または知りたいことがある方なのではないでしょうか?税理士と会計士ってとっても難しそうな仕事ですよね。また、どんな業務を行っているのかについては一般的にはあまり知らない人が多いのではないでしょうか。当サイトは、そんな税理士と会計士についてご紹介しようと思います!当サイトが、税理士と会計士について知りたいことがある方に役立つ情報となれれば嬉しく思います!!

ふたつの違い

税理士と会計士って同じでは?と思っている方も多いと思います。税理士と会計士はよく『イコール』で見られることがありますが、実はふたつはまったく異なる資格なんですよ!税理士で税理士法で規定され、会計士は公認会計士法というもので規定されています。

それぞれの仕事につくためには、税理士の場合、税理士試験をパスすると税理士になることができます。そのほかに、公認会計士となる資格を持っている人や、弁護士の資格を持っている人は、無条件で税理士会へ登録することができますので、税理士になることができます。一方、会計士は、公認会計士試験をパスすることが最低条件となり、それから2年以上の業務補助を行い、実務補習やその終了考査にパスしなければ公認会計士として登録することはできません。

このように資格として見た場合、一般的には、会計士のほうが税理士より上とされているようです。きっとそれは、公認会計士の資格を取ることで、税理士にも登録できるという点からだと思われます。試験の難易度はそれぞれ違いますが、資格としてどちらが上でとちらが下とは決めることができません。どちらも立派な資格ですので、資格で優劣をつけることはできません!!

次に、業務内容です。やはり業務内容もそれぞれ異なっています。簡単にその違いを説明しますと、税理士は、税金のことや会計のことを専門業務としています。一方会計士は、会計のことや監査のことを専門業務としています。税理士は、依頼人に代わって税務等に関する業務を行いますが、会計士は、代理人としての立場ではなく、第三者として会計や、財務についての業務を行います。詳しくは、それぞれの業務内容でご紹介していますので、ご参考にしてみてください。

このように、税理士と会計士は同じ資格ではありません。多少業務内容が似ている部分があることや、公認会計士の資格を取得することで、税理士会へ登録できることから『イコール』というイメージが付いていたのかもしれません。しかし実際には、ふたつとも異なる立派な資格ですので、決して同じではないことを知っておきましょう。

Valuable information

パワーストーンの眞石やです★

パワーストーンの販売

オーダーメイドのユニフォーム

スーツの総合通販

矯正歯科 横浜

翻訳会社